signalDバナー 株式投資システム シグナルD(signal-D)の検証ブログへようこそ!!

サマリー
2015年1月から、開始資金400万円を用意して検証してます。
2017年からは、推奨トレードから売り抜けの時にちょっと裁量も加えて資産運用していきます。

このシステムは夜のうちに注文するだけなので日中のザラ場は何も見る必要はなくて楽です。
600万円の余力の場合では、推奨購入額は1銘柄15万円程度ですが余力を確認しながら自己判断で調整します。

※過去のトレード内容は、左のカテゴリの「トレード結果」をクリックしてください。

5/24【購入】なし

昨日のシグナルにて、
購入した銘柄はありませんでした。

市況解説
24日の日経平均は164円28銭高の19777円56銭の反発でスタートした。

23日の米国株式市場では、NYダウ、ナスダック総合指数ともに4日続伸した。
サウジアラビアとイラクが協調減産を継続するとの報道で、
NY原油価格が上昇し、資源関連株は引き続き買い優勢だった。
また米国の長期金利が上昇したことで金融関連も買われた感じだ。

日本株式市場では、米国長期金利が上昇したことによるドル買いから、
ドルが112円近辺まで円安に振れた。
米国株高と円安ぶれの流れから、主力の輸出関連を中心に、
幅広く買われているようで、金融関連も高くなっている感じだ。
現時点では、東証33業種全てが値上がりしている。

本日は27:00(25日AM3:00)から、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の発表がある。
織り込み済みの状況とはいえ、一応、注視しておきたいところだ。

FRB イエレン議長 
↑FRBイエレン議長。ニコニコしている場合じゃない…

クリック頂けますと継続の励みになります!! 他のトレーダーさんのブログもご参考にしてください。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
シグナルD

2017/05/24 09:49 | 保持銘柄COMMENT(0)  TOP

5/23【購入】なし

昨日のシグナルにて、
購入した銘柄はありませんでした。

市況解説
23日の日経平均は30円54銭安の19647円74銭の反落でスタートした。

22日の米国株式市場では、NYダウ、ナスダック総合指数ともに3日続伸した。
トランプ米大統領が訪問先のサウジアラビアで、
同国に対し総額1100億ドル(約12兆2400億円)の兵器売却で合意し、
ボーイングやロッキード・マーチンなどの防衛関連株が買われたようだ。
また米原油価格が1ヶ月ぶりの高値に達したことも追い風となったように思う。

日本株式市場では、ドルが111円割れで円高にふれている事が重しとなり、
利益確定の売りが出ている感じだが、米国株高が支えとなっており、下値は限定されそうに思う。
また24日にはFOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨の公表など重要イベントを控えていることもあり、
内容は織り込み済みとは言え、結果が出るまでは様子見的な動きとなりそうだ。

FOMC(米連邦公開市場委員会)会合の様子 
↑米連邦公開市場委員会、会合の様子

クリック頂けますと継続の励みになります!! 他のトレーダーさんのブログもご参考にしてください。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
シグナルD

2017/05/23 09:51 | 保持銘柄COMMENT(0)  TOP

5/22【購入】1銘柄

昨日のシグナルより、
●8●5(A8)
を購入しました。

市況解説
週明け22日の日経平均は79円72銭高の19670円48銭の続伸でスタートした。

前週末19日の米国株式市場では、NYダウ、ナスダック総合指数ともに続伸した。
原油価格が、主要な産油国による協調減産の継続で3日続伸したため、
関連する石油株や建機株が強く買われたのだと思う。

日本株式市場では、米国株高を好感し、投資家心理の改善から、
幅広く買いが優勢となっているようだ。
24日にはFOMC議事要旨の公表が控えており、市場に影響を与える可能性があるが、
6月米利上げは織り込んでいるため、大きな動きにはならないように思う。
あとは米国の政治リスクだが、これは相場の上値を抑える要因になりそうな気もするが、
過度な悲観論は後退している感じだ。
ただ、ドル/円の為替相場の動き次第では、日本株の追い風にも向かい風にもなると思う。

NYダウ 

クリック頂けますと継続の励みになります!! 他のトレーダーさんのブログもご参考にしてください。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
シグナルD

2017/05/22 09:54 | 保持銘柄COMMENT(0)  TOP

5/19【購入】なし

昨日のシグナルより、
購入した銘柄はありませんでした。

市況解説
19日の日経平均は37円銭高のの19591円41銭の反発でスタートした。

18日の米国株式市場では、NYダウ、ナスダック総合指数ともに反発した。
前日のロシアゲート問題に端を発して下落した反動と、
米5月フィラデルフィア連銀製造業景気指数が市場予想平均を大きく上回ったことなどが好感され、
買い優勢となったようだ。

日本株式市場では、米株反発や円高の一服で投資家心理が改善、
市場のリスク回避ムードが和らいだ感じだ。
この2日間で日経平均は350円超下落し、反発を狙った買いも入っているのかも知れない。
ただ、トランプ米政権の先行き不透明感は根強くあるようで、
手控えムードになっている感じは強く、上値は重そうだ。

東証 JPX 

クリック頂けますと継続の励みになります!! 他のトレーダーさんのブログもご参考にしてください。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
シグナルD

2017/05/19 10:08 | 保持銘柄COMMENT(0)  TOP

5/18【購入】なし

昨日のシグナルにて、
購入した銘柄はありませんでした。

市況解説
18日の日経平均は257円89銭高の19556円99銭の大幅続落でスタートした。
現時点での下げ幅は300円を超えている。

17日の米国株式市場では、
トランプ米大統領とロシアの不透明な関係を巡る「ロシアゲート」問題が意識され、
NYダウは372ドルも下落、4月21日以来およそ1ヶ月ぶりの安値を付けた。
また下げ幅は昨年9月9日以来、約8ヶ月ぶりの大きさとなった。
ナスダック総合株価指数も4営業日ぶりに急反落、
S&P500種株価指数は全11業種のうち9業種が下げた。
この政治的混乱が大型減税などの経済政策に与える悪影響が懸念され急落したのかも知れない。
これはウォーターゲート事件の再来と呼ばれており、投資家心理は極度に悪化している。
楽観的リスク選好が一転、強度のリスク回避姿勢に変わったようで、
安全資産の円買いから、ドルは110台半ばを付けいる。

日本株式市場では、この大幅な円高ぶれの流れからのリスク回避姿勢で、
主力の輸出関連に売りが優勢となっているようだ。
朝鮮半島の地政学リスクが落ち着いたと思えば、今度は米国の政治リスクが台頭してきた。
米国はやはり世界経済の中心国家であるため、市場には一大事となりそうな気配を感じる。

NYダウ 株価 
↑17日、NYダウ大幅下落

【ウォーターゲート事件】とは、
ニクソン大統領が再選された1972年11月の5ヶ月前6月17日、
ワシントンのウォータゲート・ビルの民主党本部に5人の男が侵入し逮捕された。
彼らは共和党に雇われ、盗聴器を仕掛けていたことがわかり、
74年までにニクソンの補佐官など24名が起訴された。
彼らの証言で大統領ニクソンが隠蔽工作を行っていたことが判明し、
特別検察官がホワイトハウスに盗聴テープの提出を命じた。
テープの内容が明らかになると、ニクソンがFBIに捜査の中止を命令するなどの関与がはっきりし、
議会による大統領弾劾裁判によって罷免されることが必至となった。
苦悶したニクソンは74年8月8日、国務長官キッシンジャーに辞任届を提出した。
任期途中で辞任した大統領はニクソンが最初である。

ニクソン大統領 
↑ニクソン大統領

クリック頂けますと継続の励みになります!! 他のトレーダーさんのブログもご参考にしてください。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
シグナルD

2017/05/18 10:16 | 保持銘柄COMMENT(0)  TOP